超音波による美顔器の副作用|美顔器の口コミランキング

超音波による美顔器の副作用

超音波の細かい振動を利用して、お肌の新陳代謝を促す超音波美顔器は、とても便利な美容ケアグッズです。 美顔器を利用している人の多くが、効果を実感しているようです。 効果が実感ができる反面、副作用が心配だという声もあります。

 

超音波は、人の耳では聞こえない高い周波数の音波のことをいいます。 音波は、気体・液体・個体などの弾性をもつ物体が、音を出す物の振動を受けて周囲に波動します。 超音波美顔器では、音波の波動を利用しています。

 

人間の身体の約80%は水分と言われています。 そのため、身体に超音波を照射すると、細胞の中の水分が激しく揺さぶられます。

 

すると、圧力が高い部分と低い部分ができ、低い部分では気泡ができます。 この気泡ができる現象をキャビテーションと言います。

 

キャビテーションによって出来た気泡は、再び圧力が高くなると、潰れて消えてしまいます。 その時に発生する熱や衝撃波が、脂肪細胞の細胞膜や角質層のバリア能力を落とします。 その結果、老廃物の除去や化粧成分の浸透力アップを促します。

 

市場に出回っている超音波美顔器は、健康器具や美容器具として販売されています。 そのため、医療器具のように副作用が出るほどのパワーのある美顔器はありません。

 

各メーカーが出している使用方法、使用時間を守って利用すれば、基本的に副作用の心配はありません。 しかし、元々アレルギー体質の方は、美顔器のヘッド部分の金属に反応してしまうとか、専用ジェルにかぶれてしまうということはあるので、利用するときには気を付けた方が良いかもしれません。